沖縄の人はなぜ毛深いのか?

沖縄

日本人でも、顔質などはそれぞれあり、掘りの深い顔や、浅い顔、体毛の質なども違いがあります。
そして、地方ごとで統一があるとも言われており、沖縄の人やその血筋のある人は毛深いという説もあるのです。
では、本当に沖縄の人達は毛深いのでしょうか?またどうしてそのような体質なのでしょうか、調べてみましょう。

沖縄の血筋を持つ人達の顔質や毛質とは?

よくテレビ番組などを見ていると、地方ごとを紹介されるテレビや、ご当地タレントなどがいますよね?
そして、日本人は顔が薄いというイメージなのに、時々掘りが深い顔立ちをしていたり、日本人離れをした毛深さを持っている人は気になるものです。
また、掘りの深い人や毛深い人に出会うと、沖縄出身であったり、家族や親戚に沖縄出身の人がいるなど、血筋が影響しているという事もあるのです。

どうして沖縄の人達は一般的な日本人の体質と違うのでしょうか?
沖縄の人達は縄文系の子孫が多いと言われており、同じくアイヌの人達も縄文系であり、似た体質をしていると言われています。
それは、島で離れていたり、独自の文化が強かった為、弥生系の人々と交わりがなかったと言われています。
なので、縄文系同士でどんどん血が濃いくなり、体質にも表れていると言えるようです。
そして、沖縄という特別な気候で体質が作られるという説もあるのです。

高温多湿という気候と体毛の関係性

体毛とは、肌を紫外線から守る役割があったり、埃や菌などを近づかせないというような働きもあります。
沖縄は高温多湿で有名な土地で、太陽の光や紫外線なども他の地域よりも一段と強い場所になります。
なので、体毛は肌を守ろうと成長し、毛穴が開き、毛は太くなります。
体毛が増える事で、紫外線から肌を守り、体温調節をする役割もあるのです。
また、沖縄は台風が多い場所でもよく知られていますが、台風が増えると、海塩微粒子により飲み水や作物の塩分濃度が高くなります。
そして、たくさんの塩分を汗の溶解固形物として体外へ出さなければいけない!という事から、キーマー体質となり、発毛を促すとも言われています。
また、沖縄は南国の食べ物が多く、その中には男性ホルモン分泌を促進させる食べ物も多いと言われており、毛深くなるのでしょう。

現在の沖縄の人達は?

このようにどうして沖縄の血筋であれば顔の掘りが深かったり、毛深くなってしまうのか分かったと思います。
しかし今では、どんどん血も混ざるようになっている為、沖縄で生まれ育っていても体毛が薄い人達も増えてきているようです。
そしてどうしても体毛が気になってしまう場合では脱毛サロンも豊富なので、対処が出来ているのでムダ毛の薄い美男、美女が沖縄には増えているのかもしれませんね。